1. HOME
  2.  > 事業紹介
  3.  > ゴールデンバイオチーク®とは

みんなで植林〜未来の森づくり〜

ゴールデンバイオチーク®とは?

インドネシア国内で成長性と品質に優れた優秀な「母樹」を選抜して、組織培養法により作った優良な苗です。バイオと名付けていますが遺伝子操作はしていません。いわば「挿し木」の近代版でできた苗を使用しています。

ゴールデンバイオチーク苗木のできるプロセス


ゴールデンバイオチーク®の特徴は?

  • (1)ウイルスに侵されていない苗なので成長性に優れています。
  • (2)硬さ、強度など物理的な特性に優れ、化粧性に優れている。 3大銘木の一つ
  • (3)種子苗よりも通直に伸びて形状が優れている
  • (4)材の価格が比較的安定している
  • (5)乾燥に強く、火災にも強く優れた再生能力がある。

ゴールデンバイオチークno成長スピードについて


☆材 質
種子苗に比べて比重は若干軽いが、硬さ、強さなど物理特性、裂け、ねじれなど機械特性とも種子苗と殆ど変わらない(計測データあり、インドネシア林業公社)。明るい褐色系の色合いで、従来のチークより明るい色です。材の風合いもいいので、従来のチークとは評価の違う「ブランド商品」として販売を企画しています。

☆木材の形状
種子の苗木より、通直に伸び木材として利用価値の高い形状で、製品歩留まりが良く、価格面の評価が高くなります。

☆木材 評価
価格が高値で安定しており、持続可能な木材生産による収益ある事業にできます。

火災に強い再生能力
チークは小さい段階からでも火災に強く、その後の成長、材質にもほとんど影響がない特徴があります。(根まで焼けない限り再生します)